「まじな」ほぼ更新報告用ブログ
<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>
---- ----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
0219 1500
自分は昔からパソコンで絵を描いていますが、
どうも自分はモニターとにらめっこしながらペンを動かすという作業にどうしても慣れなくて、
いつもSAIでは手振れ補正S-7にしてすごーーーく慎重に描いてしまうので、
1枚絵を描くのに10時間ぐらいかかってしまったりと効率が悪いです。

そして自分が役8年間使っていたWacom CTE-430のタブレットがついに壊れてしまいました。
長年ずっと使ってたものが壊れると、すごく悲しくなります・・・。
今までありがとう。ゆっくり休んでね。

そっと箱の中に戻してあげました。



さすがにそろそろ買い替えが必要だとは思っていたので、
思い切って新しいペンタブを買おうと思いました。
しかし自分はインディオス4のような普通のペンタブでは結局何も進歩しない(作業時間な意味で)
と思ったので、

Al1_h2SCAAAahBB.jpg


思い切って買ってしまいました。
液晶タブレット Wacom | Cintiq 12WX 
タブレットに画面がついており、ダイレクトにペンを動かして描けるという夢のようなタブレット。
本当は21インチの大きなものが欲しかったのですが、場所が無いのと
値段が20万円ぐらいするので、さすがに買えませんでした。
こちらは12インチで、Wacomの現在主流の液晶タブレットの中では一番安いです。

安いといっても・・・

AlryaYACMAAGHrT.jpg


約9万円もします。バイトの給料1ヵ月半分が全部飛んでいきました。とほほ・・・。
でも昔からダイレクトにペンで描けるというのに憧れていたので、買えてよかったと思います。

Al3PFtACQAAKXJg.jpg

中を開けるとこんな感じでした。
結構ケーブルが多いです。
液晶タブレットはどうやらデュアルディスプレイ扱いらしく、
デュアルディスプレイ対応のビデオカードが無いと使えないそうな・・・?

Al3fQB3CAAAOLgz.jpg

設置をしてみるとこんな感じです。
タブレット本体の後ろに支えがあるので、角度調整することも可能です。
メインモニターで動画やツイッターをしつつ、絵を描く事もできます。

Al83VjECQAAFK8-.jpg



ある程度使ってみた(2日ほど)感想ですが、

■画面の大きさ■
12インチなので一見小さいと思われますが、
普通に絵を描く面では特に不便は感じませんでした。
というよりも、絵を描く際はいつも拡大縮小を使うので画面小さくても問題ないと思われます。
SAIを開くと、左右のバーで大体画面3分の1を使います。

■描きやすさ■
このタブレットはインディオス3の性能を引き継いでおり、
現在主流のタブレット「インディオス4」の性能よりは劣るみたいですが、
何世代か前のタブレット使ってた自分は、インディオス3や4の性能はそこまで気になりませんでした。
筆圧レベルが前回のタブレットよりも大幅に上がってて細かな筆圧も調整できます。
現在インディオス4を使ってる人から見れば性能に不満があるかもですが、
全くかけないぐらい問題があるというわけではないので、これはこれで別のいいと思います。
ペンを動かしてて思ったのですが、
デフォルトのペンでは非常に画面に傷がつきやすいです。
保護シートを貼ってたのでよかったものの、既に何箇所が大きな傷ができてしまいました。
ペンケースの中に変え芯がいくつか入ってるので、フェルト芯?に付け替えるとなめらかに書けるようになります。

■ファンクションキー■
両方にキーがあるので結構色々なショートカットキーを設定できます。
自分は左の部分しか使っていませんが、「戻る」「左回転」「右回転」「左右反転」を設定しています。

■ディスプレイの発色■
デフォルトの設定では若干画面が暗い感じがします。
メインモニターと液タブで画像を開いて見比べればわかります。
タブレットメニューで画面の明るさや色彩調整ができますが、自分は特にいじっていません。
色の確認は、色をある程度塗った後にペイントソフトのウィンドウをメインモニターに移動させて確認するのもよし、液タブとメインモニターの画面を同じにして、メインモニターでちらちら確認しつつ描けば問題はないです。
SAIでは色彩の調整ですぐなんとかなりますしね。
(どうやら21インチや24インチのほうも発色はあまりよろしくないとか・・・?)
あまり不便は感じていません。

■21インチ型や24インチ型には無い唯一の長所■

やはりタブレットが小さくコンパクトなので、
寒い冬は布団に潜りながら作業ができるというのが長所ですね。

Al9Ejc9CEAEKT5S.jpg

■液タブに変えてどう変化したか■
やはり作業時間が大幅に短くなりましたね。
前までは線画をすごーーく慎重に描いてたのですが、
今はサッサッ・・と、描ける様になりました。
通常5時間ぐらいかかる絵がほぼ半分の時間で完成したりと。


総合的に言えば買ってよかったです。
9万円ほど出す価値は十分にあるのではないのでしょうか。
ただ、液タブは個人によってかなり使い心地に差があるようで、
やはり自分に合うかどうかは、家電量販店の体験機で試し描きをしてから買うか決めたほうがよさそうです。

とりあえず1枚描いてみました。

5tyfh.jpg

約一年ぶりにリムルを描きました。
トリスタイラコンに落ちたので看板娘にすると決めてたのに今まで描いてなかったという・・・。

前回描いた絵よりも3年後の姿を意識して描きました。つまり成長後。


追記にてコメント返事です。


リアル 〒*0
  管理人にだけみせる


template by 21g Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。